Works

東京工業大学様

XBRLコンバータの開発

XBRLを財務分析のデータとして使用しやすい形式に変換するプログラムを作成しました。

成果・問題解決

  • XBRLの仕様書を熟読し、XBRLタクソノミーの解析ロジックを作成
XBRLはXLINKを多用し、グラフ構造でデータを保持するようになっており、同構造でタクソノミーの定義も行っている。これらは非常に自由度が高い代わりに統計演算を行う場合に非常に効率が悪いため、XBRLタクソノミー解析ロジックを作成し、扱いやすい形式に変換できるようにしました。

プロジェクト詳細・技術

開発期間 2ヶ月
技術 XBRL、XLINK、AADL(交換代数)、クローラ、Swing
担当範囲 アーキテクト、調査、設計、実装、テスト

お仕事のご依頼・ご相談や採用に関しては、
こちらからお気軽にお問い合わせください。