Works

カーナビメーカー

カーナビのアーキテクチャ再設計

カーナビシステムのアーキテクチャの見える化とソフトウェアの再利用を容易にするアーキテクチャ・メトリクスの提案を行いました。

成果・問題解決

  • DSM(依存構造マトリクス)でモジュール間の依存関係を見える化
  • アーキテクチャの見直しとメトリクス策定による再利用性の改善提案
DSM (依存構造マトリクス) と呼ばれる技術に基づいたツールである Lattix を用いて見える化し、ソフトウェアを構成するモジュール間の依存関係をマトリクス形式で分析しました。ソフトウェア再利用では、部品とフレームワークの関係を見直したアーキテクチャを提案。また、再利用にかかわるメトリクスを策定して評価を行いました。

プロジェクト詳細・技術

開発期間 1年
技術 C++, WindowsCE, DSM(依存構造マトリクス), Lattix
担当範囲 設計

お仕事のご依頼・ご相談や採用に関しては、
こちらからお気軽にお問い合わせください。