Works

内閣府

地方公共団体の公会計の電子化に関する調査

現金主義・単式簿記から発生主義・複式簿記への変換をサポートする代数的手法の調査を行いました。
多くの地方公共団体では、単年度の資金収支だけに着目した単式簿記で会計が行われてきましたが、近年、バランスシート(BS)を導入して長期的な収支を把握しようとする自治体も増加しています。

BS導入の基礎となる複式簿記に転換するため、単式簿記からの変換をサポートするツールとして、QE推計でも導入を図っている代数的手法について適用可能性を調査しました。

プロジェクト詳細・技術

開発期間 3ヶ月
技術 交換代数
担当範囲 コンサルティング

お仕事のご依頼・ご相談や採用に関しては、
こちらからお気軽にお問い合わせください。