マイクロサービス / Kubernetes

embedded graph database を導入する際には、従来の重厚長大な基幹システムから各種機能を切り出しマイクロサービス化することで、より柔軟なシステムを構築いたします。

マイクロサービス化をすると、

●依存関係が明確なので、影響範囲が見えやすく、更新時の試験がしやすくなります。

●サービス単位でのリプレースが可能。また、どのような実装にするかはサービス単位で決める事ができます(商用サービスも適宜利用可能)。

●サービスが落ちても、該当のサービスを使用している業務にしか影響しません。各サービスの可用性のレベルは、サービスの特性で決める事が可能になります。また、Kubernetesにより監視や再起動も容易にできます。

●サービス単位でスケールアウトが可能なため、負荷が高いサービスに集中してリソースを割り当てられます。また、Kubernetesによりオートスケールも簡単にできます。

お仕事のご依頼・ご相談や採用に関しては、
こちらからお気軽にお問い合わせください。