Culture

社是

誰とやるかが重要
なんだ

Jurabiは、戦略策定より『誰とやるか』という事を重要として活動しています。そして、魅力ある優秀な人財に見合ったロールを任せ、外部環境の変化に対応できるチームを作り、お客様のニーズに応えていきます。その中で、チームのセレンディピティを高め、新たな価値と利益を生み出し、社会に還元していきます。

技術の根底

自由と責任・挑戦

Jurabiは、社員に自由と責任を与え、常にモチベーションの向上に努めています。また、個人個人の能力をゆらぎで捉え、魅力を見つけ出し、その力を最大限引き伸ばせるようにしています。そして、個々の独自性を実績に結びつけるために、自社内で歩調を合わせ、社会の評価を獲得していきます。ゆえに出る杭や職人気質の人は大いに歓迎しており、それは技術革新で重要な要素として捉えています。

技術面では、新たな概念、フレームワーク、ツールを積極的に取り入れるようにし、常に挑戦することを心がけています。そうすることで、品質とスピードをあげ他社との差別化を図っていきます。

じゅらびの精神

技術が基盤

コアモジュール、コンポーネント群を社会に提供し続けます。そしてお客様視点でのビジネスモデル、背景にあった上流工程の方法論を適用し、当社の技術を組み込んでいきます。

調査力、理解力、技術力

当社は、現時点での知識や実績より、調査力、理解力、技術力もしくは、それらの力をつけようとする姿勢を重要としています。

暴走結構

当社では、技術者に自由と責任を与えていますので、案件に直接は関係しないが、意識をもった調べごと、開発等の暴走は認め、個々の飛躍に期待しています。

時間の有効利用

当社は、成果主義で、勤務時間はできるだけ少ないほうを評価します。作業の効率化を図り、空いた時間は、人生を楽しむ時間に当ててもらい幅広い知識、思い出を作るよう促しています。

間違いは、次工程へのインプット

間違いは、決して責めません。今後、繰り返さないよう次工程のインプットとするよう指導しています。

本音

限られた時間の中、目標にいち早く到達するため、感情にとらわれることなく、本音を言い合えるチームを目指します。

お仕事のご依頼・ご相談や採用に関しては、
こちらからお気軽にお問い合わせください。